読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本気でプロの声優になりたい初心者が知っておくべき真実

プロの声優になりたいと思っても、何からはじめて良いかわからない。有象無象の情報に初心者が振り回されるのは見ていて気の毒です。だから、声優事務所の事務員が「声優になる方法」を教えます。

声優に向かない人!?人見知りではない自分を表現できますか?

声優初心者からの質問 声優になるために実践すべきこと 声優事務所の事務員コラム 声優事務員のコミュニケーション論

人見知りでは声優になれない?

人見知りだと声優になることは難しいですか?


正直に回答をさせていただくと、


人見知りを直すつもりが無いのであれば、声優にはなれないと思います。


答えは単純です。
声優が演じるキャラクターは、人見知りな役だけではないからです。


人見知りを直すつもりも無い人が、現場でのみ人好きのする役になれるのかと問われれば、なかなかに難しいと思う次第です。


もっとも、これが質問に対する回答ではありませけどね

 

プロになった声優も人見知りだった人はいる

プロの声優だけでなく、アイドルやお笑い界の人ですら「人見知り」を自称する人はいます。


それだけを見れば、人見知りでも業界に挑戦することは可能ということが言えるでしょう。


ただし、彼ら彼女らに共通するのは「人見知りだった」ということ。
(※もしくは「ビジネス人見知り」でしょうね)


つまり、努力によってそれを克服してきたのは事実でしょう。

 

表現の世界も1人では立ち行かない

アニメだろうが、外国映画の吹き替えだろうが、登場人物が1人という世界観は、まずあり得ません。


当然ですが、共演者がいます。


人見知りだからと、和を乱す行為をすることを善しとは言えないわけです。


もっとも、ナレーションの様に声優が1人で仕事をするケースもあります。


が、スタッフはおりますので、人見知りを理由にご挨拶もできない様では、先が見えてしまいます


声優は、1人では立ち行かない職種であるからこそ、人見知りだと難しい立場に立たされてしまうのは事実でしょう。

 

声優は人見知りがいない!?

おそらくですが、声優に人見知りはいないと感じています。

 

いや、人見知りの声優を知っているよ!?


という声もあるでしょう。


でね、勿論私もおしゃべりが苦手な声優がいることは知っています。


ただ、それは「その人そのもの」でしょう。


声優は表現者です。
コミュニケーションが大事なシーンで、人好きのする役ができない人は、いらっしゃらないと思いますよ。

 

次に繋げる人間関係も重要

声優は演技が上手ければ良い


とお考えの人もいるかもしれません。


そして、究極的には正しい意見だと思います。


事実、唯一無二の役者さんがいれば、その方が人見知りだろうが、感じの悪い人だろうがオファーが掛かる可能性は高いです。


ただね。
そういう声優は非常に稀です!!


「また仕事をご一緒したいなぁ」と思わせる活動をされている声優のが望ましい理由は、言わなくてもご理解いただけますよね?

 

コミュニケーションを大事にすることも勉強

今、人見知りだったとして、それが理由で声優になれないということはありません。


が、いろいろなキャラクターを演じる声優になりたいと思うのでしたら、人見知りではない自分を作り上げる努力はしましょうね。


確かに、本当の自分を変えるのは、難しいかもしれません。

 


ですが、もう1人の自分を作り上げるのは、表現者を目指したあなたなら出来るのではないでしょうか?

 


それをすることが苦しいと思うのであれば、声優には向いていないということになるでしょう。


だって、人を演じることが苦しいと言っているのと同意ですからね・・・。


でもさ、難しく考えなくて良いのですよ?


中身の無い、雑談というコミュニケーションを楽しみましょうよ♪

【参考記事はこちら】
褒めるな危険!?下手な社交辞令は見破られている理由!?

スポンサーリンク