読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本気でプロの声優になりたい初心者が知っておくべき真実

プロの声優になりたいと思っても、何からはじめて良いかわからない。有象無象の情報に初心者が振り回されるのは見ていて気の毒です。だから、声優事務所の事務員が「声優になる方法」を教えます。

怖い先輩はいますか?とある声優のクールな対応を紹介します。

声優初心者からの質問 声優初心者の悩み 声優事務所の事務員コラム

怖い先輩の対処法

声優事務所に、怖い先輩はいますか?


質問者の意図は、対人関係を気にしたものでした。


声優学校での状況が、声優事務所でも起こりうるのかを確認したかったのでしょうね。


この質問に対する回答は、状況によって異なると言う所なのかもしれません。

 

声優事務所の先輩は怖いのか?


何に対して怖いのか?

 


これが焦点になるお話になるのだと思います。


それぞれのケースを例にして、事実をお話させていただきますね

 

1.礼節に厳しい先輩

挨拶ができない後輩に厳しい先輩はいます


後輩からすれば、怖いと思われても仕方ないでしょうね。


ただ、これは大変ありがたい存在だと理解してほしいです。


現場で挨拶ができないというレッテルをつけられたら、ある意味厳しい洗礼を受けかねません


そして、現場で挨拶が出来ないとしても、それを咎める人もいません


ただ、それを良しとしているワケでもないのは事実です。


怖くて厳しい先輩かもしれませんが、指導をして貰えていると感謝する日が来ると思いますよ。


特に、その手で失敗している人を見たときなどはね・・・

 

2.人により態度が変わる先輩

残念な話ですが、声優のすべてが聖人君子というわけではありませんからね。


人によって態度が変わる先輩はいらっしゃいますよ。


ありがちな例は、


物凄く良い先輩で大変お世話になりました


という声を聞く一方、


あんな性格が悪い人は見たことが無い・・・。


なんて声を聞くケースです。


どちらも、同じ先輩なんですけどね


ただまぁ、人間社会で万人から愛されている人というのは、非常に稀なんじゃないでしょうか。


そういうケースに当たってしまった場合、怖い先輩と思う可能性は高いです。

 

3.人見知りな先輩

懐に入れば、非常に良くしてくれる先輩なのですが、とっつきの悪い人見知りな先輩もいらっしゃいます


じゃあ、コミュニケーション能力が低いのかというと、そんなこともなく、さすが役者さんだなぁというくらい、クライアントとのやり取りはお上手です


ただ、後輩とのやり取りでは、そこまで気を使わないというところなのでしょうね。


怖いというよりも、面倒くさがりなだけな先輩という感じだと思います。

 

本当に怖い先輩とは!?

あくまで私の個人的な意見としてお話します。


大ベテランの方には、怖いという印象を持つ人は少ないです


逆に、大ベテランというわけでもなく、プライドが高いなぁと思わせてくれる人の中には、怖いなぁ・・・という先輩がいらっしゃる感はあります。


ただまぁ、今回の話は声優業界に限ったことではなく、どのような職業であっても同じなんじゃないでしょうか?


怖い先輩がイヤなのは、誰でもそうでしょう。

 

怖い先輩の対処法をどうしたか聞いてみた

・・・嫌味な先輩とかはいましたか?


たまたま近くにいた声優に聞いてみたところ、

 


そりゃ、いたよ!

 


とのこと。
で、ぶっちゃけどうしたか聞いたら、

 


仕事の本数が逆転したら、さ・・・。
まぁ、そんな感じよ(苦笑)

 


怖いくらい格好良い先輩のお話でしたとさ!!

スポンサーリンク