読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本気でプロの声優になりたい初心者が知っておくべき真実

プロの声優になりたいと思っても、何からはじめて良いかわからない。有象無象の情報に初心者が振り回されるのは見ていて気の毒です。だから、声優事務所の事務員が「声優になる方法」を教えます。

自信喪失!?プロの声優になることを諦めていない人へ

声優初心者が自信を無くしたときの対処法 

・・・自信が持てず、どう演技すれば良いかわからなくなりました。

どうすれば良いですか? 


所属オーディションだったり、進級試験を意識し始める時期が来ると、この様な質問と言いますか、お悩みを頂戴する頻度が多くなります

 

声優初心者が自信を無くす理由

理由こそ人それぞれなのかもしれませんが、大抵の場合は授業でダメ出しを受け続けた結果なのかもしれませんね。


勿論学校側も生徒の自信を喪失させるためにダメ出しをしているわけではなく、日々成長をしている生徒をさらに向上させるために、弱点の指摘であったり、得意を伸ばすための助言をしてくださっているはずです。


ただ、表現の世界には明確な正解というものがありません

 

達成感があれば、人は成長する!

覚悟を持って稽古を続けていれば、どれだけゆっくりであろうが着実に成長をしていくものなのですが、絶対的な正解がないからこそ「達成感」を味わうことが難しく、自信喪失に陥ってしまう・・・。

 

  • 滑舌が弱かったのが、練習によってちゃんと出来るようになりました!
  • 腹式発声を理解したから、音圧のある声量で発声することが出来るようになりました!

 

声優になるべく始めた最初の頃の練習は、課題と達成が明確でしたよね。


できなかったことができる様になるわけですから、モチベーションも上昇し、プロの声優になる意識も高いです。


なにより、キラッキラしています。

 

表現の難しさは明確な正解が無いこと

ところが、表現になると明確な答えがありません。


何をしても「もっとこうやった方が良い」という指摘を受けることがほとんどでしょう。
※表現を技術的にカバーできることもありますが、それを教示してくれる指導者が希少なのは事実なのかもしれません。もっとも、この考え方は賛否があり「感性」か「技術」かは各々に委ねられるのが実情なのかもしれませんね・・・。


学校のテストなら評価は点数ですから、やるべきことは明確ですよね?


ところが表現は、人によって受け止め方が違い、人によって課題も変わってきます


やるべきことが人それぞれに違うからこそ、表現練習は難しいとされる所以なのかもしれません。


だからこそ、困難を乗り越えた先に待っている達成感は大きいと言えるでしょう。


どれだけ苦しい時でも、前向きに覚悟を持って突き進むことができれば道は開けると信じていますし、立場上、その実例を何件も見てきました

 

声優になることを諦めていないあなたへ

ですが、ダメ出しを言われ続けた生徒の中には、自信喪失になり「自分にはセンスがないのかなぁ・・・」と夢を諦めてしまう人がいるのも、悲しいかな事実なのですよ。


モチベーションが地に落ち、心が折れてしまった人には届かないかもしれませんが、もしあなたがどんな状況であったとしても「あきらめたくない!」という思いがあるのでしたら、忘れかけているであろう本質を思い出してください

 

プロの声優だって緊張してますよ


演技することを楽しめていますか?

 

プロの声優でも本番前は緊張します


やってきたことに対する自負はありますが、自信があるかと言われたら「否」と答える人もそれなりにいらっしゃいます。


でもね。
表現者が暗い顔で演技していたら、見ている人は嫌な気分になるだけです。


もっとも単純ですが、最も重要なこと。
それが、

 


演技を楽しむ!

 


これです。
これだけは、絶対に忘れないでくださいね

 

肩に力が入りすぎてもダメだよ!

あとね。
やってやるぞ!!という気合が強すぎて表現が力みすぎている人も良く見受けられます


気持ちはわかりますが、始まる前からダメ出しをもらう状況を作り出しちゃいますので、ちょっと意識してみましょうね。


これがヒントになれば幸いですが、入れ込みすぎのありがちなケースとして、息を吸いすぎている場合をよく見かけます。


演技表現と発声練習は似て非なるもの・・・


これも、ちょっと意識してみてください。

 

声優初心者こそ笑顔は常に意識して!

あとは、作品にもよりますが演技を楽しむために笑顔で表現することが出来たら、1歩前進できますからね。


繰り返しになりますが、あなたが心から表現することを楽しんでいれば、それが声に乗り、聞いている人も楽しむことができる。


もっとも単純ですが、もっとも大事なことです。


その上で、声優になると覚悟を決めた時のことを思い返してください


間違いなく勇気は湧いてきます。

 

 

絶対に声優になってやる!!

 

 

その思いが再燃したら、もう大丈夫ですよ!


がんばれ!!
未来のプロ声優!

スポンサーリンク