読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本気でプロの声優になりたい初心者が知っておくべき真実

プロの声優になりたいと思っても、何からはじめて良いかわからない。有象無象の情報に初心者が振り回されるのは見ていて気の毒です。だから、声優事務所の事務員が「声優になる方法」を教えます。

Lesson10.声優初心者が学校訪問で確認すべきポイントと注意すべき点

2.声優学校の正しい選び方 声優になりたい人への無料レッスン

声優学校へ訪問しよう

既に説明した学校選びの方法を実施していただければ、あなたにとっての選抜学校は絞り込まれたかと思います。


あなたの今後を左右しかねない学校選びですから、じっくり実施してくださいね。

【関連記事】
Lesson9.声優初心者が自分にあった学校を選ぶために意識すべきポイント!


さて、選抜学校が何校かピックアップできたら、あなたがやるべきは声優学校への訪問です。


資料上からではわからないことを確認して、あなたにあった学校選びを決定するために必要な作業になります。


もっとも、ただ行って見に行くだけでは「遊び」にしかなりません


ちゃんと「視察」をするために必要なこと、見ておいた方が良いポイントは用意しておくべきでしょう。


あなたにとって有意義な声優学校訪問にするために、しっかり確認してくださいね。

声優学校訪問で絶対に確認しておくべきポイント

声優学校を訪問する際、あなたが知りたいこと、聞いておきたいことはまとめておくべきです。


せっかく足を運んだのにも関わらず、その場の雰囲気に飲み込まれて聞くことが出来なかったでは、もったいないですからね。


とは言え、必ず確認しておいた方が良い事柄もあります


後で後悔しないためにも、確認すべきポイントは理解しておいてくださいね。

 

1.テキストの内容

最低限、その声優学校で使用しているテキストは見せてもらいましょう


確認するべきは、あなたに合っているかどうかです。


テキストの存在や使い勝手は意外と重要なんですよ。


あなたも経験ありませんか?
たとえば参考書を購入する際、図解が多いほうが良い人もいれば、多色が良い人単色が良い人など、人それぞれに好みはありますよね。


自分の好みに合っているテキストであることが理想ですが、少なくとも妥協ができる範疇なのかは、必ず確認してください。


それを怠ると、入学後にペラッペラのテキストを受け取り、しょんぼりされる方もいらっしゃるからです・・・。

 

2.自習室の有無

自習室の有無も重要です。
あなたが発声練習をするとしたら、どこでやりますか?


まぁ、自宅という人がほとんどだと思いますが、近所迷惑を気にしていたら発声練習にはなりませんし、かと言って強行して良い問題でもありません


練習場所を求めて、カラオケ店を代表とする防音設備のあるプレイルームに行く人もいますが、店内にはBGMが流れているのが普通でしょうから、自分の発声が正しく出来ているかの判断が難しくなる場合もあります。


まさか、防音設備を購入できる人も少ないでしょうし、これらのプレイルームも費用が掛かります。


声優学校内で自習ができる設備を貸し出してくれるなら、それを利用しない手はありませんよね。

 

出来れば確認しておいた方が良いポイント

絶対とは言いませんが、チェックをしておいた方が無難なこともあります。

 

1.音響施設の有無

流石に音響設備が無い学校は少ないと思いますが、稀に音響設備を持たず、プロが使用する外部環境で収録講義をする学校もあります。


一応確認するに越したことはありません。

 

2.衛生環境

プロの声優になることには一切関係ありませんが、生理的に受け付けない学校に行きたくはないでしょう。


パッと見で綺麗な学校でも、トイレとかは確認した方が良いですよ。

 

3.学内の雰囲気

これも、プロの声優になることには関係ありませんが、学生の意識が低い学校を善しとする理由にはなりません


ある程度は、チェックすべきポイントだと思いますよ。

 

4.学校関係者の机上状況

一見すると意味が無い項目に思えるかもしれませんが、学校も企業である以上、意識調査としてチェックしてほしい内容です。


と申しますのも、学校関係者の机上整理がおぼつかないということは、場合により学生サポートが雑なのかとも疑いたくなりますし、パソコンのモニタが学生から丸見えなんて状況ですと、セキュリティを代表とする企業ポリシーの意識が希薄な会社だと喧伝しているようなものです。


そのような声優学校をオススメする理由にはなりませんからね!

 

5.学校関係者の対応

学校訪問時の対応もそうですが、質問などをした際、誠意ある回答をしてもらえるのかは確認しておきたいですね。


できれば複数人の関係者で確認し、雑な対応をされなければスタッフのレベルは良好と言えるでしょう。

 

声優学校説明会を上手に活用しましょう

声優学校説明会を上手に活用しよう

続いて、学校訪問のやり方についても説明しておきます。


確かに、選抜学校の資料から電話連絡にて見学願いをすれば訪問することはできます。


ですが、声優学校側もあなた一人に対応できる時間は限られてしまうでしょう。


通常業務の合間に対応して貰うわけですから、きめ細かい対応を望めない場合もあるかもしれません。


せっかく訪問したのに聞きたいことも聞けなかったでは、学校訪問の意味が希薄になってしまいます。


ですので、タイミングが合えば声優学校側が用意する「学校説明会」を利用するのが良いでしょう。


あなたと同じ声優を目指す人を対象とするイベント日ですので、気軽に学校内を「視察」することが出来ますし、質問対応を受けてくれる学校関係者も通常日に比べれば多くいるはずです。

 

学校説明会の種類

さて、各声優学校ごとに「学校説明会」の違いはありますが、内容とすれば以下の2種類に区分することが出来るでしょう。

 

  1. 体験入学:アフレコ体験や授業の参加ができます。
  2. 授業見学:実際のクラスの様子を見学することができます。


どちらのイベントにも利点と注意すべき点がありますので、それは理解しておいてくださいね。

 

1.体験入学に参加する時のポイント

まず体験入学ですが、マイクの前に立ち、在校生と模擬収録などを経験することが出来ますので、学校でどんなことをしているのかを知るという意味では非常に有効です。


ただ、注意していただきたいのは「その学校を選べば競演した在校生と同じ程度のレベルになれるかも・・・」と期待しすぎないでください。

 

言っている意味がわからないのですが・・・

 

いや、あなたの頑張り次第では十分なれるかもしれませんよ。


それが本当に在校生であれば・・・ですが


と言うのも、体験入学で一緒に受講してくれる生徒の多くは、学校側が準備した「上手な生徒たち」というケースは良くあります。


また、場合によりジュニアランカー(プロの声優)を準備する学校もあるのです。


見学される人に楽しんでもらうイベントの意味合いもありますから、一概に否定することはできませんが、在校生役かもしれないという事実は理解しておいてくださいね。

 

2.授業見学に参加する時のポイント

その点、授業見学は実際のクラスを見ることができますから、リアルな生徒たちの様子を把握することに適しています


もっとも、見学するクラスの講師が知名度の高い方や人気講師である場合も多いのは事実です。


そちらにばかり目を向けて良い訳でもない事は、理解しておいてくださいね。


どちらのイベントも一長一短がありますので、両方見に行くに越したことはありませんが、あなたの好みで選んでいただいて構いません。


重要なことは、視察ポイントを意識しながら学校訪問することですから、自分が確認したい点を見誤らなければ問題はないのです。


ともかく「百聞は一見にしかず」です。


自分の目で見て、肌で感じなければわからないこともあります。


あなたにとって大事な学校選びですから、必ず実施してくださいね

スポンサーリンク