読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本気でプロの声優になりたい初心者が知っておくべき真実

プロの声優になりたいと思っても、何からはじめて良いかわからない。有象無象の情報に初心者が振り回されるのは見ていて気の毒です。だから、声優事務所の事務員が「声優になる方法」を教えます。

Lesson3.声優初心者が声優学校を厳選しなくてはいけない真の理由

1.声優になることを目指す前に 声優になりたい人への無料レッスン

声優志望者が最初にやるべきこと

声優になりたい初心者が真っ先にやらなければいけないことは、発声訓練でもなければ演技の練習でもありません。


自分に合った声優学校を厳選することです。

 

それは「プロの声優」になるために必要なことを習得するためだからですか? 


勿論、プロの声優として活動するための基本を教わることは非常に重要なことであり、しっかり学んで頂きたい内容であることに間違いありません。


ですが、それらの基礎概要はどの学校に行ったとしても、程度の違いこそあれ必ず教わる内容なのですね。

声優学校を厳選すべき理由とは

自分に合った学校を選択すること、言い換えれば「自分の力量と状況」に合った学校を選択すべき真の目的は、プロの声優になるための可能性を広げることと理解してください。


繰り返しになりますが、プロの声優になるための知識や技術は、どこの声優学校を選択しても学ぶことが出来ます。


ですが、所属声優になるための選択肢の幅、つまり所属オーディションを開催してくれる回数は、声優学校各社で違いが生じてしまいます


憧れではなく、覚悟を持ってこの道を選択したあなたなら、それだけでも周りを抜きん出る可能性は高いわけですが、やはり所属オーディション先の選択肢が多いことに越したことはないです。

 

初心者が所属オーディションの数で選ぶのは危険!?

じゃあ、声優事務所へのオーディション数が多い学校を選択すれば良いのですね?


残念ですが、それだけで学校選択をしてしまうと、声優初心者がプロの声優になれる可能性は著しく低下するかもしれません。


と申しますのも、声優学校に入学する人が全くの初心者ばかりということもないからです。


声優学校が開催するオーディションで夢破れた人が、翌年に再チャレンジを選択する割合は比較的多い様です。

 

1度の失敗で声優になる夢を諦められないとする人がいても、不思議はないですからね。


当然、声優になるための勉強をしてきた人、つまり全くの初心者とは言えない人達は、より所属声優になりやすい学校を選択する傾向が見受けられます。


各声優事務所の所属オーディション数が豊富な学校を選択したり、付属養成所を再挑戦先に選んだり。


声優初心者だったはずの彼らも、それなりの時間やお金を使い「勉強」したことで、何が自分にとって有益な選択になるかが見えてきた証拠なのかもしれませんね。


そんな、スタート位置が一歩も二歩も先に進んでいる人ばかりが行くような学校を、声優初心者の方が選んだとしても、その学校の特長を活かすどころか、自信喪失になったり、ライバルの引き立て役になってしまうリスクも生じてしまうのは、ご理解いただけますでしょうか?


声優初心者が、オーディション数だけに目を捕らわれると思わぬ痛手を受けてしまう典型的な事例と言えるでしょう。

 

声優学校をいい加減に選らんだ者の末路

声優初心者が学校を選ぶ際には、未経験者が多く集まり、オーディション数が多い学校を選ぶことが理想になります。


ですが、これはあなたの置かれる状況によって様々に変化するはずです。


全国にはあなたの想像を超えるほど、声優学校が存在します。

 

それらの中から自分にとって有益な学校を選択するというのは、なかなかに骨が折れる作業です。


場合によっては声優学校を選択し、決断する作業に1か月という時間を要するかもしれません。


でもね。
この作業をおろそかにしてしまうと、その後の学校生活のすべてが無駄骨に終わってしまうかもしれませんよ。


そして「時間とお金の無駄だった」と口にする人達の仲間入りをしてしまうかも・・・。


これが事実だと言える理由は、私がそれなりの期間、声優業界に身を置いていることに他なりません。


「人の振り見て我が振り直せ」という諺にもある通り、先輩方の失敗から学ぶことも非常に重要です。

 


だからこそ、声優学校の種別と特徴もしっかり理解しておくべきだということは、分かっていただけましたか!?

スポンサーリンク